朝食は食べなくてもいい

「朝ご飯はしっかり食べて」。そういわれて育った人も多いはず。
1日のスタートである朝にエネルギー補給しないと、「頭の回転が鈍り、勉強ができない」「動いてもスタミナ不足ですぐ疲れる」といわれると、「その通り」と思えます。

実際、朝食を食べたほうがいいのか、あるいは食べないほうがいいのかという議論は、日本のみならず、欧米各国でも盛んに行われています。

けれど、先ほど紹介した本来の生理リズムからいうと、朝は食べなくてかまいません。

そもそも日本人が1日3食になったのは江戸時代になってからのこと。

明治時代や大正時代まで、朝食は粗末なものだったといいます。

現在のように「朝ご飯をしっかり食べよう」というスローガンが掲げられるようになったのは戦後、昭和初年を過ぎてから。

歴史的に見ても、日本人の体質に合うのは、実は1日2食なのではないでしょうか。

朝食を食べるとしても、排出を助けるための酵素の多い生野菜や果物だけで十分です。

ちなみに1日2食にして夜7時ごろに夕食をすませると、翌日の昼食まで少なくとも17時間は消化器官を休ませることができます。

プチ断食できるのです。

簡単に試せるので、体調がよくないと思ったら、やってみてください。

英語で「朝食」を「breakfast」といいます。「fastには「早い」という意味もありますが、本来は「断食」という意味です。

一晩何も食べない状態(fast)を破ること(break)、それこそが朝食の語源です。

断食後に食べる朝食が、重くていいはずはありません。

朝からしっかり食べれば、必ず体に負担がかかります。

消化がよく、浄血作用(血液をきれいに浄化する作用)の高い生野菜や果物を朝食べることは理にかなっているのです。

不調のときとそ、「食べない」

具合が悪くて食欲がないとき、「栄養をつけるためには食べないと」などと考え、無理して食べる必要はありません。

病気のときに食欲が落ちるのは、体が消化酵素を抑え、その分、しっかりと代謝に回して免疫力をアップさせ、元気を回復させたがっているサインです。

それを見逃し、「疲れた体には栄養補給」=「しっかりとした食事」という間違った常識に惑わされてはいけません。

体力が落ち、不調のときこそ、食べない。

ただ、水分補給は必要なので、水はこまめに飲んでください。

もし食べられそうなら、消化がよく、ミネラルやビタミン、ファイトケミカルなどをたっぷりと含んだ生野菜や果物を。

ジュースにするとより消化を助け、体に負担もかかりにくいので、おすすめです

朝はもちろん、昼も夜も、体調が戻るまで続けると、かなり元気になります。

また、「食べすぎや飲みすぎで胃が重い」というときには、大根おろしやりんごのすりおろしを。

食べすぎは消化酵素を消耗するうえ、消化しきれなかった残留物が腸で悪玉菌のえさとなり、腸内環境が悪化する原因になります。

胃腸の働きを助けて消化を促進する大根や、腸をきれいにして疲労物質を分解するりんごのすりおろしを食べれば、胸焼けなどの不快な症状も楽になります。