強力な消化酵素や乳酸菌を配合しているスルスルこうそ。

そのスルスルこうそは何と免疫力アップにも一役買ってくれるのです!

ここではそんな免疫力と腸内環境、スルスルこうその働きについてご紹介していきます
 

免疫機能の8割は、なんと腸に存在

近年、免疫機能は小腸に70%、大腸に10%、つまり8割近くが腸(正確には小腸の粘膜である腸管)に存在しているという事実が明らかになってきました。

このことは今までよく知られていなかったため、最近の免疫学では、小腸粘膜のことを「免疫の新大陸」「免疫の新世界」などとも呼んでいます。

小腸は、よく「内なる外」といわれます。

体の中にあるのに、実は外界と接しているからです。

実際、口や鼻の粘膜は、のどや気管支や呼吸器、さらには食道、胃、小腸、大腸を通って肛門までつながっていることを考えてみてください。

粘膜というバリアーを介して、小腸は外界と接しているのです。

そのため、腸は、体に必要な栄養を吸収する場所というだけでなく、外から侵入してくるあらゆる異物、病原菌、有害な物質などを取り込まないよう、食い止める関所となり、抵抗力を持つ必要があります。

小腸の長さは7mにも達し、その粘膜の面積は、成人では、なんとテニスコートの約1・5倍分に匹敵するほどの大きさがあるのには、そんな理由がありました。

実に豊富な免疫機能が「腸」に集中し、対応しているというわけです。

健康のカギをにぎるのは腸。善玉菌を増やし、揚内環境を整えて

ただ、免疫機能の98%は眠ったままであるともいわれています。

それは腸内の、いわゆる善玉菌が不足しているから。

腸内が善玉菌だらけになって初めて、すべての免疫機能を活性化できるといいます。

ということは、免疫力を上げるには腸に善玉菌を増やし、腸内環境をよくしなくてはなりません。

そのためには食物繊維と酵素が必要なのです。

スルスル酵素には優秀な乳酸菌も配合されているので非常にお勧めです

善玉菌が多ければ多いほど、免疫力は高まる

腸の健康を保つために欠かせないのが、腸内の善玉菌の活性化です。

善玉菌とは乳酸菌やピフィズス菌などで、外部から入ってくる有害な菌に対処し、免疫力を高める働きがあります。

一方、悪玉菌はウェルシュ菌やブドウ球菌などで、腸内を腐敗させ、発がん性物質や毒素のある有害物質を作り出し、体の抵抗力を弱めてしまいます。

消化の悪いものを食べ続けていたり、食べすぎを繰り返したりしていると、腸内には悪玉菌が増加します。

腸内細菌の総量はほぼ決まっているので、善玉菌が増えれば悪玉菌は減りますが、その逆もまたしかり。

悪玉菌が増えると、善玉菌は減ってしまいます。

加齢が進むと発がんしやすくなったり、生活習慣病を発症しやすくなったりするのは、年とともに善玉菌が減り、腸内細菌が腐敗菌、つまり悪玉菌だらけ
になるからともいえます。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸は善玉菌がいっぱいですが、善玉菌の代表、ビフィズス菌は40歳くらいから急速に減少し、腸の免疫力を低下させてしまうこともわかっています。

さらに悪玉菌が作り出した有害物質は、腸から吸収されると血液を汚し、慢性疲労や肌荒れ、肝機能障害の原因となるうえ、高血圧や動脈硬化など、全身
的な老化をおし進める結果につながります。

逆にいえば、年を取っても腸内を善玉菌優位にしておけば、健康で長生きできるわけです。

免疫のほとんどは腸管にあります。

腸内細菌のバランスさえ整っていれば、免疫力は高くなります。

つまり、どんな不調でも回復に向かうということです

ですので、ぜひスルスル酵素で腸内細菌バランスを整えて健康的にダイエットしてくださいね!