ダイエットに効果的と多くの女性に人気なスルスルこうそですが、

スルスルこうそは、普段の食事を制限することなく、スルスルこうそをぷらすで飲むだけで良いという事で「簡単でストレスがたまらずダイエットができる」と人気です。

ではそんなスルスルこうそを効果的に取り入れ、ダイエットをより効果的にして行く為にはどういった工夫ができるのでしょうか??

ここでは、無理はせずストレスを溜めずにスルスルこうそでダイエット成功率おあげるためのちょっとした食事中のコツについてご紹介していきます!

ここでご紹介する内容を理解し、日常の食生活の中に取り入れることで、より一層ダイエットの成功率を上げる事ができると思いますので、是非参考にしていただきダイエットに励んでいってください!
 

一度の食事にかける時間は20分~1時間!

食べるスピードが速い人は、太りやすい人です。

1度の食事に、最低20分はかけます。

満腹感は、胃から「満腹だ」という信号が、脳にある満腹中枢と呼ばれる神経に送られて得られます。

その所要時間は、およそ20分。

それまでに大食いすると、結果、食べすぎになります。

だからといって時間をかけてもダラダラと食べてしまい、やはり食べすぎてしまいます。

特別な食事でないかぎり、食事は20分以上、1時間以内ですませます。

かむ回数を多くすると、自然と食事に時間がかかります。

かむことで、肥満と密接な関係にある「血糖値の上がり方」をコントロールします。

かむ回数が少ないと、胃にいきなりたくさんの食べ物が入り、食べ物に含まれる糖分が短時間で吸収されて血糖値が急上昇します。

すると、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌され、糖分を体脂肪に換えて溜め込みます。

こうして「太る仕組み」ができ上がってしまうのです。

回数が多ければ、少しずつ食べ物が胃に入るので、糖は時間をかけて吸収され、血糖値はゆっくり上昇します。

一口30回かめば食欲が抑えられる

一口30回はかみます。

ごはんならばかゆ状になり、硬いものでもやわらかいものでも、甘味が感じられる程度が目安になります。

よくかめば、満腹感が得られます。

一口30回かむと、歯ぐきやあごの筋肉に分布している神経が刺激されます。

その刺激で、脳内に神経ヒスタミンという物質が放出されます。

この物質が満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれ、さらに体脂肪を分解します。

かむことは唾液の分泌をさかんにして消化を助けるだけでなく、唾液中に体脂肪を分解する成長ホルモンの一種のパロチンを分泌させます。

また、発がん物質の働きを抑える酵素を含んでいる、とも言われています。

硬いものは、自然にかむ回数が多くなりますが、やわらかいものはどうしても回数が少なくなってきます。

適切なかむ回数は、1回の食事で15OO~2000回とされています。

ところが、私たちはその半分にも満たない600回程度しかかんでいないそうなのです。

やわらかい食べ物があふれでいる現代、かなり意識して、かむ必要があります。

かむ、体内掃除、精神安定―玄米の効用

よくかむことに慣れるには、栄養素たっぷりの玄米ごはんが最適です。

玄米は白米よりも硬いので、自然とかむ回数が増えます。

玄米には、ビタミンB1や食物繊維が豊富です。

ビタミンB1には、疲労回復や精神を安定させる働きもあります。

玄米は肥満を防ぎ、腸の掃除をして、しかも心身をリフレッシュさせてくれるのです。

もみ殻だけをとり、ぬかのついた状態のものが玄米。

少し精製したもの(表皮や胚芽を少し削ったもの)が三分づき、もう少し精製したものが五分づき・七分づきで、コメがだんだんと白くなります。

玄米の味や硬さが合わない人もけっこういます。

そんな人は比較的白い五分づき、七分づきから始めます。

白米以上に、栄養素が残っています。

玄米を精製してくれる店が少ないので、家庭用精米機があると便利。

どうしても白米でなければというのであれば、無理は禁物ですが、白米に栄養素や食物繊維が豊富な大麦や雑穀(アワ、キビなど)を混ぜる、という手もあります。